■ signes mobile ■

テクスト一覧


PC、フルブラウザならこちら。 通常版(PC用)トップページ


思考 批評 自作解析 [notes] すべて


page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 [10] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. あいだの音楽 [textes/notes/音楽] 2010/11/30

    さいきんの自分の考えでは、人間的なあらゆる文化領域と同様、音楽もまた、音と音、音と沈黙、自己と他者、自己と世界、現在と過去、新しいものと既知のものなどなど、さまざまなもの同士の「関係性」で成り立ってい...

  2. ニコニコ動画―悪の生成装置 [textes/notes/雑記] 2010/11/25

    以前から気にくわないながらも、自分の音楽作品をともかくより多くの人に聴いてもらうために、やむを得ず使っていた「ニコニコ動画」。 今日とうとう、ここを去ることを決意した。 もともと2ちゃんねる直系の子...

  3. 何にも似てない [textes/notes/雑記] 2010/11/7

    私の音楽は、他のどの音楽とも似てないと思う。 最新作「音楽のめざめ」にしても、あちこちで「現代音楽」と銘打って発表したものの、20世紀後半以降の「現代音楽」のいかなる楽曲ともどこか、違っている。それは...

  4. 「音楽のめざめ」を公開 [textes/notes/音楽] 2010/10/31

    久しぶりにボーカロイド初音ミクを使った曲。しかし、特に出だし部分など現代音楽風で、POPと言うより歌曲ふうのイメージ。クセナキスを意識した前作「Iannis-C」の路線にボカロを加える、という感じの計...

  5. 否定 [textes/notes/思想] 2010/10/27

    クロード・レヴィ=ストロースが示したように、どの文化にあっても、人間は相対立する二項目を想定し、この対立モデルに基づく思考形式から逃れることができない。 「反対語」なんてものは一体誰が決めるのかと首を...

  6. 「Iannis-C」が完成 [textes/notes/音楽] 2010/10/10

    ヤニス・クセナキスを再認識し、その衝撃の質を獲得しようと試みた新曲、「Iannis-C」が完成した。これも曲集「PRISM」に含まれる。 音源:http://www.signes.jp/musi...

  7. 「9b2_ISIS」、音楽と記憶 [textes/notes/音楽] 2010/9/27

    前作(「Intanalia」)が妙に気張ったものだったので、新しい曲「9b2_ISIS」は逆にリラックスし、気楽に作った。 当初「アンビエント」のイメージだったが、結果的に、世に言うジャンルとしての「...

  8. Intanaliaが完成 [textes/notes/音楽] 2010/9/11

    いろいろあってしばらく空いたが、「PRISM」シリーズの新作「Intanalia」が一応完成した。ちょっと最終ミックスでこけたような気もするが、とりあえず。 たぶん「rm -r」に近い作風だが、エレク...

  9. 従属する音楽と現代の神話 [textes/notes/音楽] 2010/9/8

    私はほとんどテレビを見ないためネタが古くなってしまうが、クイズ番組「ヘキサゴン」から出てきた「羞恥心」等のような「しろうと音楽」がヒットする現象は、現在「音楽」という地平がどういう場所にひらかれている...

  10. 音楽のジャンルと死の増殖について [textes/notes/音楽] 2010/9/6

    ポピュラーミュージックの「ジャンル」なるものが、かくも複雑に増加の一途をたどってゆくのは何故か。と日頃疑問に思っていたが、最近になって「ジャンル」とは、(作り手の側から見ると)「物真似」を正当化するた...

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 [10] 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


signes mobileトップ

通常版(PC用)トップページ

1458364