■ signes mobile ■

テクスト一覧


PC、フルブラウザならこちら。 通常版(PC用)トップページ


思考 批評 自作解析 notes [すべて]


page : 1 2 3 4 5 [6] 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. テレビドラマの消費スピード - 上戸彩主演「アテンションプリーズ」を見て [textes/notes/雑記] 2013/5/12

     映画「あずみ」(2003)「あずみ2」(2005)を見て、「刺客」としてサバイバルしてきた筈の少女がこんなに髪をきれいにセットしているなんてありえないし、時代と設定から当然出てきそうなエロもないな...

  2. 胃潰瘍だった。 [textes/notes/雑記] 2013/4/6

    以前胸痛について書いた3月3日付の記事と内容が一部重複しますが、ここにまとめて経緯を書いておきます。誰か胸痛で心臓を検査して、「何でもないからストレスのせい」とはぐらかされた人の参考になるかと。

     1月末ごろから「胸痛」があり、自分は血液検査で高脂血症疑いと言われ血液がドロドロで、タバコも吸っていることから、はじめ「狭心症」の可能性を考えた。  2月に総合病院に行ったが、そこは「総合内科」が...

  3. RINAKO、架空のラブソング [textes/notes/音楽] 2013/4/1

     やたら激しい「胸痛」が胃酸を抑制する薬のおかげでおさまったので、ヴァイオリンとピアノのための小さな曲を書いた。  RINAKO for Violin and Piano。  彼女は、先日の検査入院で...

  4. 沈黙 [textes/notes/雑記] 2013/3/10

     もともと「プロの作曲家」になろうというつもりはない(なれるとは全く思えないし、明らかにありえない)。  自分ではそれなりに「真剣に」音楽を追究してきた面があって、だから「趣味」という言葉ではくくられ...

  5. 胸の痛み [textes/notes/雑記] 2013/3/3

     フルートとピアノのための「Way to the Winter Garden」を書き終えたのは1月6日で、その後Finaleで楽譜の改訂作業をし、済ませたのは2月3日。それ以降、まったく作曲活動を行っ...

  6. 楽譜を改訂した [textes/notes/雑記] 2013/2/3

     先日とうとうノーテーション(楽譜作成専用)ソフト「Finale 2012 」を購入した。多機能版は5万円以上もするので、必要性を感じながらもずっと躊躇していたのだが、Composers' Forum...

  7. 冬庭、「主体」への回帰 [textes/notes/雑記] 2013/1/6

     昨年末ころから書いていたフルートとピアノのための二重奏曲「Way to the Winter Garden」を書き終え、公開した。  最近は西欧前衛音楽を意識してか、あるいは2006年以来「自己への...

  8. 2012年のまとめ [textes/notes/雑記] 2012/12/30

     私などに誰もたいして興味を持っていないだろうが、ここ数年、年末にその年の作品リストを書いてきたので、迷ったが、一応記録として残す。 音楽創作関連 2012/1/2 完成 Draco for Vi...

  9. 死と転生 [textes/notes/雑記] 2012/12/23

     先日「遺作」として「Context of Water」を公開したが、どうやらまだ死んでないので、生きていて気が向いたときは、ぼちぼち作曲も続けていくしかないかなと思っている。「書かずに生きていけない...

  10. 知的なものと民衆的なもの [textes/notes/雑記] 2012/12/9

     ロックをはじめ、ハウスもテクノもヒップホップも、Popularミュージック全般が、私には20世紀以降の欧米(を発祥とする)文化圏の民族音楽だと私は思っている。厳密に言うと民族ではなく民俗の方だが。 ...

page : 1 2 3 4 5 [6] 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


signes mobileトップ

通常版(PC用)トップページ

1550002