■ signes mobile ■

テクスト一覧


PC、フルブラウザならこちら。 通常版(PC用)トップページ


思考 批評 自作解析 [notes] すべて


page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 [20]

  1. インヴェンションNo.12が完成 [textes/notes/サイト運営] 2007/3/6

    1年半を経てやっと終曲となるインヴェンション第1集 No.12ト短調フーガを公開。間があいたもののこの曲自体はあっという間に書き上げた、即興的な産物だ。 調的なのに不安定きわまりなく、不協和な喧噪に満...

  2. ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』 [textes/notes/文学] 2007/3/2

    高校生の頃に新潮文庫で出会い、その後何度か読み返してきた愛読書『ねじの回転(1898年)』が、東京創元社の創元推理文庫で「心霊小説傑作選」と副題をつけ、いつのまにか(2005年)出版されていたので、買...

  3. 谷崎潤一郎とマゾヒズム [textes/notes/文学] 2007/2/27

    中公文庫の『潤一郎ラビリンス』集中「近代情痴集」所収の「お才と巳之介」が印象に残った。 『お艶殺し』(中公文庫)と同様、美しい女に惚れた男が騙され、最後にはさんざん愚弄されるが、それでも女を崇拝する心...

  4. Pulse第3楽章を公開 [textes/notes/サイト運営] 2007/2/16

    Pulse第3楽章を完成させた。 書き始めてすぐに、この曲を書ききるには莫大なエネルギーが必要かもしれない、と思った。が、私のエネルギーは目下のところそんなに残っていないようだった。もっと細かい部分に...

  5. Pulse第2楽章を公開 [textes/notes/サイト運営] 2007/1/30

    Pulseの第2楽章、MP3公開に踏み切り。 まだ演奏をいじるべきという気もするが、どうも曲自体、自分ではあまり気に入っていないため気合いが入らない。ということでとりあえず公開してしまいます。 この...

  6. メルヴィル『ビリー・バッド』 [textes/notes/文学] 2007/1/21

    ハーマン・メルヴィルの『ビリー・バッド』(1891)は、この作家最後の、物語としてはできあがっていはいるが原稿としては未完となったまま遺された小説である。 メルヴィルと言えばあの不条理な『バートルビー...

  7. 記号作用の音楽 [textes/notes/音楽] 2007/1/21

    Pulse第2楽章を書いているところだ。 第1楽章を書き上げた後失望したのは、そこでのシンセ音(およびサンプリング音)が、記号としてしか存在していないように見えたからだ。 J-POPなどの世界で多用さ...

  8. プラモデルとしての音楽芸術 [textes/notes/音楽] 2006/12/13

    子供の頃、プラモデルやブロック遊びが好きだった。 組み立てることにひたすら熱中していた。 先日、うつ症状に苦しみながら用事で玩具店を歩いていたとき、プラモデルコーナーにさしかかり、ひらめいたのだった。...

  9. ミクスチュア [textes/notes/音楽] 2006/12/5

    クラシック音楽の作曲は、根本的に「自由」なのだと思っている。 ビートやスタイルにとらわれることなく、奔放に音楽性を展開していくことを、純粋なクラシック音楽のスタンスとするべきではないのか。 こんにち、...

  10. 「生きる」とは別の仕方で [textes/notes/思想] 2006/12/1

    久々に作曲している。 「鬱」という停滞、生活上の辛さや多忙さなどから逃避するように、私はまた未来の「作品」に打ち込む。 少なくとも私にとって、「書くこと」は「生きること」と対立している。書いている時...

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 [20]


signes mobileトップ

通常版(PC用)トップページ

1474063