■ signes mobile ■


滅亡ハレルヤ

musique/composition/mixtures

written 2020/8/13


※音楽作品はモバイル版では現在提供できません。


2020年、予想だにしなかったパンデミックのショックですっかり狂ってしまった社会。たがの外れた大人たちは怒り狂い獣化して文明と共に滅亡へと走る。生き残った子どもたちは新たな民族となって太陽を浴びて生を紡ぎ出す。

ネットのニュースなどで最近の世相の暗部を見るにつけ(ごく一部の人間なのだろうが)そのあまりの凶暴さと反知性にひどく暗澹とした思いを持ち、それがラップの歌詞に反映されて、これには自分でも書いていて鬱々としてしまった。
こんな陰惨な歌詞をもった曲を世に出してしまっては、自分は誰もからさげすまれ、もはや自ら死ぬ以外ないのではないかと苦しんだ。
だがそれと対照的に原始の生命力をもった子どもたちの歌を対置する意図があった。
希望は、夜明けにあらわれる子どもたちの未来に。

Vocal, Choir: Vocaloid 初音ミク
Choir: Vocaloid 氷山キヨテル
Rap: タナカノブヨシ
Composition, Lyrics: Nobuyoshi Tanaka


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1689581