■ signes mobile ■


ふつうになりたくて

textes/notes/雑記

written 2010/3/27


 先日完成した曲「Synapse」は、ほんとうに「ごくふつうのPOP」を心がけたものだった。ふだんどちらかというと「ふつうの音楽」を避けている私にとっては、これは相当の挑戦であり、逸脱であり、抑圧でもあった。
 が、結局それは「とってつけたような」ふつうさにしかならなかったのではないか? どこかしらじらしいのではないだろうか?
 POPだけれどクセのある「エンドン Endon」よりも世間での評価は低いようだ。ふつうすぎたのか。
 もっと「いまふう」の曲調にしたらよかった、とか、やっぱりボーカロイドの扱いがうまく行ってないとか、いろいろと反省はしている。今聴き返してみても、なんとなくつまらなくて、自分だったらスルーしてしまいそうな音楽だ。
 唯一の個性は、クラシック的な転調作法にある。ト長調からAメロの後半でフラット系に向かい、変ホ長調になりそうになるが、急に方向転換して、サビはイ短調/ハ長調になる(サビの最後にト長調に戻る)。
 単純にサビをハ短調/変ホ長調でやろうとしたらキーが高すぎてミクが苦しそうだったので、こうなった。おかげで元キーに戻るのがとても簡単になってしまった。
 悔やまれるのは、サビ最後にト長調に戻ってしまったことにより、ストリングスによる間奏部分が「ただのト長調」になってしまったことだ。

 ポップの世界でも「ふつうすぎるもの」は売れないから、何らかのインパクトを設定しているはずだ。私がやったことは、インパクトを避けて丸くおさめることだけだったかもしれない。だからつまらないし、みんなスルーして行くのだろう。
「ふつう」を馬鹿にしてはいけない。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1705206