■ signes mobile ■


「Zwangsantrieb」を公開

textes/notes/音楽

written 2009/12/30


 先日の記事の最後のところで「恐ろしくネガティヴな曲」を書いているが、ちょっと休みたい、と記した。
 が、結局追い込まれるように書き上げてしまったのがこの曲だ。
 ヴォーカルを含む新しい曲集「断絶詩集」の一発目、「強迫欲動」。
 
 書き上げたばかりだが、ちょうど今日、家族が出かけひとりになったところ、強烈な孤独感に耐えきれなくなって、この新曲をアップしてしまった。
 年末にも正月にもふさわしくない、あまりにも陰惨な曲(歌詞が)なので後で、と思ったのだが・・・。

 この陰惨さはこないだ書いた「攻撃的メランコリー(症例nt)」の自己分析から来ており、攻撃的衝動をちょっと戯画化して初音ミクに歌わせたら、こんなふうになったのだ。
 スタッカートの連続する機械的・静的なリズムはお聴きの通りストラヴィンスキーを模しているが、結局私の音楽は全然「乾いて」いない。
 こんな音楽を誰が聴いてくれるだろうか? しかし、攻撃的・破壊的な音楽をネットに放つ行為自体が、まさに避けがたい「衝動」であることは確かだ。
 それにしても孤独はつらい。実生活でもネットでも私はあまりに孤独なので、皆が逃げ出すような毒をまき散らしているのかもしれない。
 症例としての私の音楽に、意味はあるのだろうか?
 曲集「断絶詩集」のテーマはそこにかかっている。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1565299