■ signes mobile ■


フランシス・プーランク

textes/批評/音楽

written 2003/9/6


Poulenc, Francis (1899-1963)

いわゆる「6人組」のひとり。 通俗的ないし悪趣味なところもあるが、 それはそれで20世紀の音楽のあり方としてはアリだったんだろうな、という気がする。 サティ、ストラヴィンスキー、シューベルト、シューマン、 モーツァルト、なんでもごちゃまぜにしたような感じ。 しかも「エディット・ピアフを讃えて」なんて曲もある。
「偉大さ」からはこんなに遠いところで音楽をつくったことが画期的、 というか近代フランス的だ。コクトーの感性に近いかもしれない。
プーランクは主題を「展開」しない。 その音楽はあくまでも気まぐれで、「軽はずみ」だ。 それは重い音楽に対するアンチテーゼなのだろう。 ・・・といっても、プーランクの感受性はとても豊かで、 その叙情性が大きな魅力となっている。
ピアノ曲は成熟期以降はほとんど手がけておらず、親しみやすい曲も多いけれど、 ちょっと飽きが来る味。
ベストはやはり歌曲で、宗教合唱曲ではまた違った一面。 (スターバト・マーテルなど)。

オーバード (1929)

ピアノと18楽器のための、舞踏をともなうコンチェルト。 モダニスティックなするどい響きをもつ音楽で、初期の代表作。

世俗カンタータ「仮面舞踏会」(1932) 室内楽+声楽といった編成で、プーランクらしい曲。 これを聴くと「ふざけたやつだなあ」と思う。いずれにしても楽しい音楽だ。楽しさの中にも辛らつさが光っている。

君は夕暮れの火を見る (1938)

叙情的な美しさの極北に到達した歌曲。

オルガン協奏曲 (1938)

オルガンと弦楽、ティンパニのためのコンチェルト。プーランクのシリアスな傾向が強調された、オルガン協奏曲の傑作である。

ピアノ協奏曲 (1949)

親しみやすいメロディーにあふれた名作。

歌曲集「冷気と火」(1950)

プーランクらしい多様さ、美しさに満ちた代表的歌曲集。

歌劇「カルメル派修道女の対話」(1956)

シリアスで悲劇的なストーリーを持つオペラ。 プーランクの宗教音楽的な側面が現れている。
この音楽を書きながら、登場人物たちに感情移入するあまり、プーランクはノイローゼのようになったらしい。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1589262