■ signes mobile ■


マイルス・デイビス

textes/批評/音楽

written 2003/9/6


Davis, Miles (1926-1991)

なんといっても、ジャズを牽引してきた、強烈なカリスマである。全身からかもし出すダークな雰囲気が「ジャズ」のイメージを決定している。
彼のエクリチュールの特色は音を節約することで、それらの音の価値を十全に噛みしめる。だからマイルスの音はいっそう孤独で、重い。
そしてトータルなサウンドクリエイターとして、音楽の記号化作用を 見極めながら、多くの才能を操っていった。

Nefertiti (1967)

この頃のマイルスサウンドが一番気に入っている。 ・・・なにしろ、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーターにトニー・ウィリアムスといった、ものすごい連中を率いていたのだ。

You're Under Arrest (1984)

「タイム・アフター・タイム」と「ヒューマン・ネイチャー」が絶品。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1507670