■ signes mobile ■


ヘンリ・ジェイムズ

textes/批評/文学

written 2003/9/6


James, Henry (1843-1916)

H・ジェイムズは異様に密度の濃い文体で、できごとを曖昧に描きあげる。その曖昧さ、難解さ、不可知性が20世紀にふさわしい。
曖昧なのは、特定の人物の「視点」を通してしか事象が姿を表さないためである。

もうひとり (1900)

ジェイムズは大長編が多いが、稠密な文体であるために通読するとかなり疲れる。短篇小説はその点、比較的手軽に楽しめる。

鳩の翼 (1902)

疲れる大長編の一つ。 しかし、その濃密な文体の味はやはりすばらしい。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1589248