■ signes mobile ■


批評について

textes/思考

written 2002/2/5


批評のコトバは無責任である。
 それは自分自身のエクリチュールの構造を隠蔽しながら、他者の作品、あるいは作品のシーニュを勝手に煮たり焼いたりする。
 ところが、批評を重ねることによって、実は批評する本人の骨格が露になってくるはずで、下らない批評は批評家自身の下らなさを簡単に暴露してしまう。
 私が他者の作品を批評することに何の価値があるか?
 しかし、批評あるいはレビュー、すなわち、既存の世界に内在するさまざまなシーニュを解読する行為は、これほどたのしいことは他にない。それは
 言葉の探索
である。
 このサイトそのものが批評の集合体であるかもしれず、私の「オリジナル作品」とやらも、批評のなかから生まれてくるものに違いない。


<feeedback>

■ この記事はいかがでしたか?

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

この記事へのコメント


signes mobile

通常版(PC用)トップページ

1705164